seo対策会社のサービス内容からわかるメリットデメリット

SEO

文章量を多くすることは間違ったseo対策

コンテンツの充実化を図って記事や内容を拡充することは良い行動と言えますが、そのために文章量を水増しして無駄な内容が多く盛り込まれていては意味がありません。これは効果的なseo対策と評価することはできず、簡潔かつ的確にまとめられた記事やコンテンツを発信することが重要なのです。
検索エンジンが有益な情報と判断する基準の一つに、文章量は2500~3000文字ということが判明していますが、その文章量に合わせることこそが立派なseo対策と言えるでしょう。そのため簡単にまとめすぎて2000文字以下になることや、情報が多ければいいという観点から4000文字もの文章が書き込まれた記事を発信することはご法度となります。正しいseo対策ができていなければ、検索エンジンから優良な評価を得ることができず、いつまでたっても検索上位に表示されることはないでしょう。
そのため既存記事においても、適切な文章量にリライトして整えることは有効なseo対策といえます。自社サイトやブログを運営して数年ほど経てば、今一度コンテンツ内容を見直してみてはいかがでしょうか?文章量は適切かどうか、またキーワードに沿った内容でコンテンツがまとめられているかどうかを確認することで、検索評価も徐々に上がっていくはずです。

CONTENTS

TOP